スポンサーリンク

Steam、0byte update問題を解決する「Steamworks Common Redistributables」を追加

Steamworks Common Redistributables News

 Valveは2019年4月18日のSteamアップデートでベータ版に提供していた「Steamworks Common Redistributables」を正式に追加した。Steamworks Common Redistributablesは、各ゲームで共通するMicrosoft Visual C++、.NET、DirectX 9、OpenAL、XNA、PhysXなどのライブラリを管理するファイルだ。

 今までのSteamでは、開発者が先述したような共通ライブラリをインストールするためのスクリプトを各自でゲームに組み込んでいた。そのため、共通ライブラリにアップデートが入ると、各ゲームでアップデートがあるように見えていた。これがSteamのライブラリで「0 bytes update」と表示される問題につながっていた。

 Valveは、0 bytes updateの問題を認識してからベータ版にSteamworks Common Redistributablesを提供しており、今回のアップデートで正式に追加した。Steamでゲームを提供する開発者は今後、このファイルを通じて共通ライブラリをゲームに適用できるとしている。

情報元 Steam Steamworks

コメント

タイトルとURLをコピーしました