『「Steam返金」の条件を無視した返金要求は通るのか、3ヶ月前に購入したゲームで試したら出来ました』の続報

スポンサーリンク

この記事をシェアする

旧ブログにてこんなタイトルの記事を書きました。気になった方は公式サイトもどうぞ。

PCゲーム及びPCゲーム販売プラットフォームの「Steam」に関するエントリを書くブログです.Twitterで済ませる事もありますがよろしくね!

要約しますと、「購入から14日以内でプレイ時間が2時間未満」だった場合にSteamサポートに返金のお願いを出すと7日以内に検討結果が返ってきて、認可されたら買った時に払ったお金が戻ってくるという機能で、この条件外のものを送ったらどうなるかと試したら通ったっていう話です。

steamrefund1

メールで受け取った内容をそのままキャプチャしたもの

この記事を書いた時にこの条件を無視した返金要求が通ったので、つい先日も同様にプレイが2時間未満だけど購入から2ヶ月過ぎてるゲームを試してみたんですが、リジェクトされました。

低設定でも動かなかったARK Survival Evolvedを希望したんですけどね

低設定でも動かなかったARK Survival Evolvedを希望したんですけど残念

という事で、混乱が収まった現在ではこの条件が厳守されている様ですが、もし「条件無視してるけど理由説明したら返金通ったよ~」という方がいたら、ご連絡お待ちしております。(Steam側に詳しい説明をすれば通ったりするのかなぁ・・・)

おまけ:返金方法について

他サイトでも取り上げられていますが、一応現在の段階で最新のを紹介したいと思います。

Steamサポートにアクセス

こちらにアクセスしてログインしてください。

返金したいゲームを選択する

購入やトレードに関する質問もここで受けられます

購入やトレードに関する質問もここで受けられます

こんな感じの画面が表示されたら「ゲーム、ソフトウェア等。」をクリック。

下の検索にゲーム名を入れると出てくると思います

下の検索にゲーム名を入れると出てくると思います

返金を受けたいゲームを選択します。今回はPrison Architectにしてみました。

返金を受けたい旨を説明する

返金を受けたいです

『思っていたのと違いました』を選択

ちなみに、ここで『ゲームプレイあるいは技術的な問題』を選択すると、ゲームに悪い点があったんですね!みたいな煽りまくりの日本語が登場しますw

思っていたのと違いました

『返金を受けたいです』を選択

返金方法を選択する

返金方法も選択可能

返金方法も選択可能

今回は『自分のSteamウォレットへ送金』を選択。

d421288c94586591ac57c651dcbffb19

なんかユーザー側に原因がありそうな理由もある・・・。

  • 面白くありません
  • ゲームの難易度が高すぎる
  • フレームレートが低すぎる
  • 間違えて購入しました
  • 起動しません
  • 私のコンピュータが最低要件に達していませんでした
  • 頻繁にクラッシュします
  • ゲームがムービーやスクリーンショットの内容と違う
  • マルチプレイヤーが遊べない
  • どれにも該当しない問題です

とあるので、自分に合った理由を選択しましょう。無ければ一番最後の該当しない問題であるというのを選ぶと、

steam-refund6

Steamに登録したメールアドレスに連絡が来ます。

このように「注記:」が追加されるのでどんどん書きましょう。日本語で問題無いです。

終わったら色々確認して、問題がなければ「リクエストを提出」で返金リクエスト完了です。お疲れ様でした。

終わりに

返金要求が通るか通らないかはSteam側次第ですが、この機能の利用のしすぎは、

返金は、Steamでのご購入からリスクを取り除く為に設計されており、ゲームを無料で試すためのシステムではありません。返金システムを濫用していると弊社が判断した場合、 返金リクエストにお応えできない場合があります。セール前に購入された製品を返金し、直後にセール価格で再度購入することを濫用とはみなしません。

という事だそうです。使いすぎも良くないけど濫用とは見ないケースもあるよという事でした。