Steamでプレイ中のゲームや所持本数を非公開にする方法

この記事をシェアする

2018年4月11日から、Steamのプライバシー設定が変更され、細かく個人の情報の公開・非公開が選択できるようになりました。

プロフィールのプライバシー設定をアップデート – Steam Blog(2018/04/11)

この記事では、Steamのプライバシー設定へのアクセス方法と、細かく設定できるようになった項目について紹介します。

この記事では、PC版のSteamクライアントを使った方法について紹介しています。

Steamのプライバシー設定にアクセスする方法

はじめに、Steamのプロフィールページを開きます。クライアントの上にあるメニューから自分のアカウント名をクリック。

steam-privacy-settings1

つづいて、プロフィールの右側にある「プロフィールを編集」を選択します。

さいごに、プロフィール編集画面の右側にある「プライバシー設定」を選択します。

これで、アクセス完了です。ここから設定していきます。

steam-privacy-settings4

Steamのプライバシー設定の項目について

設定できる項目について説明していきます。どの項目も「公開」「フレンドのみ(自身のフレンドに対して公開)」「非公開」の3項目が選択できます。

My Profile

自身のフレンドリストや解除したバッジ、現在のSteamレベル、プロフィール画面に表示できるスクリーンショットや実績などのショーケース、プロフィールページに投稿されたコメント、参加したコミュニティの情報の項目です。

Game details

アカウントが持っている全てのゲームや、ウィッシュリストに追加したゲーム、解除した実績とゲームのプレイ時間の情報の項目です。プロフィールの状態の1つである「ゲーム中」の表示設定もできます。

他のユーザーからゲームのプレイ時間だけ見られたくないという場合には、公開・フレンドのみの設定にして、下のチェックマークを入れます。

したがって、遊んでいるゲームを知られたくない場合は、基本、非公開に設定しましょう。

inventory

持っているアイテムや受け取ったトレーディングカードの情報の設定ができる項目です。

Steamギフトだけ見られたくないという場合には、公開・フレンドのみの設定にして下のチェックマークを入れます。

Can post comments on my profile

プロフィールへのコメントを投稿する設定の項目です。

Screenshots & workshop Items

投稿したスクリーンショットやワークショップのアイテムは個別に公開・非公開ができるので、アイテムごとにある設定に移動する必要があります。

さいごに

プライバシー設定画面のアクセス方法と、設定項目について紹介しました。基本的にはGame Detailsを非公開にするだけで効果があり、心配な方はプロフィールを非公開にすればOKです。

ちなみに、Game Detailsは最初から設定項目が「フレンドのみ」になっているということで、ユーザー側が公開する事を選択できるオプトイン形式が取られていることになります。つまり、ユーザー側に情報をどう扱うかの権利があるという証拠になる訳ですね。

また、プレイ時間の公開・非公開が選択できるようになったということは、Valveは、ユーザーのプレイ時間は個人情報に当たるという判断をしたという事になります。SNSで何時間ゲームやったとか書いていませんか? 筆者は書きまくってます……。