ストリーマーも熱狂?「バトルロイヤル」ジャンルに注目集まる

スポンサーリンク

この記事をシェアする

先日購入したPUBGですが、「バトルロイヤル」というジャンル自体に触れてこなかったので、「どんなもんなのかな?面白いのかな」と恐る恐る購入し、手探り状態で遊んでみたんですが、レビューにも書いたとおり面白かったわけです。

「H1Z1」作者の最新作「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」レビュー
今回紹介するゲームは「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」です。作者の名前が入っているため名前が長いので「PUBG」...

そんなバトルロイヤルジャンルなのですが、自分以外にも「とりあえず面白そうだから買ってみた」という感じの人が多く居るようで、Steamでは34人が買っていました。フレンドが丁度100人ぐらいなので、3人に1人が買っているという状況です(休眠アカウントが20アカウント以上居るので、実際には2人に1人ぐらい買ってるかも)。

また、SteamChartsの人口比較でH1Z1PUBGの人口を比べてみた結果がこちら

青色はH1Z1、緑色はPUBG

実はH1Z1のほうが現在でも人口が多く、PUBGより安く購入できる(1980円)ものの、1年かかって集まった現在のプレイヤー数に追いつく勢いで、PUBGのプレイヤー数が増加しています(発売から10日でピークプレーヤー数は8万人)。

2017年期待されるアクションゲームのリスト(PCゲーム道場)や、厳選注目タイトル発売日情報まとめ:2016年12月~2017年5月(doope)にて掲載されているゲームタイトルにもPUBGは載っておらず、いきなりどうしてここまで注目が集まったのか、個人的には謎なのですが、現在Twitchのおすすめゲームにも掲載されるなど、一気に注目を集めている事が伺えます。

人気ゲームに肩を並べるPUBGの視聴者数

大作ゲームが出ていないタイミングで話題をかっさらって注目を集めたという事もあるのかもしれませんが、マルチがメインのゲームでは人口が少なければ飽きが来てやらなくなってしまうという事があるので、廃れる前に買って遊んでおくのが良いかもしれません。


ちなみに、今人気のPUBGはどこの国で人気なんだろうと思って調べてみたら、1位のアメリカはもちろんだったんですが2番目にドイツとちょっと意外でした。

アメリカ・ドイツ・中国・イギリス・カナダ・仏・豪・日本という順(steamspyより)