71万人がプレイするPUBG、同時接続数1位だったDota 2を上回る

スポンサーリンク

この記事をシェアする

2017年3月のリリースから5ヶ月で800万本を売り上げたPlayerUnknown’s Battlegrounds、略してPUBGですが、Steamで販売されているゲームのプレイ人口を分析するSteamchartsによると、Dota 2への接続ユーザー数を上回った瞬間が起きた事が明らかになりました。

ゲームへの同時接続数、青線がDota 2で緑線がPUBG

Dota 2はValveが開発している無料のMOBAタイトルで、数年前からSteamでのプレイ人口1位として記録されていた訳ですが、早期アクセスのPUBGがプレイ人数でその座を奪う日もくるかもしれません。

ちなみに、上回った瞬間があったPUBGですが、直後に一時的なサーバーダウンがあったため、接続数は減少しています。