「Post Scriptum」がテストサーバ版を公開 予約者全員がプレイ可能に

この記事をシェアする

ss_caf05ca144fef277bbd3f818cb7059725113bcde

「Squad」をベースに開発が始まり、スタンドアロンとして発売される事が決定した第二次世界大戦をテーマにしたFPS「Post Scriptum」のテストサーバ版が公開された。

筆者もダウンロードする事ができた。

テストサーバ版は予約者全員がダウンロードすることができ、5月26日 17時よりプレイすることが可能だという。

Post Scriptumは元々、「Squad」という分隊ベースのFPSのMODとして開発が行なわれていたが、MODベースの開発だけでは満足出来ないとしてスタンドアロンとして発売される事が決定された。ゲームでは5つのMAPが実装予定で、マーケット・ガーデン作戦で知られる「アーネム(アルンヘム)の戦い」を再現しているという。

Steamコミュニティには基本的なプレイガイドが公開され、分隊タイプや主要施設、兵器、分隊長、司令官、操作方法などが掲載されている。本稿でも紹介する。

  • 部隊の種類
    • 歩兵分隊(最大9人)
      • 拠点制圧をする基本部隊
      • 様々な兵科が利用可能
    • 兵站部隊(最大4人)
      • 建設専門部隊
    • 機甲部隊(最大4人)
      • 戦車や装甲車両を扱う部隊
  • 分隊長になろう(略)
  • 主要施設
    • MOBILE SPAWN POINT
      • 味方の拠点から150m、敵の拠点から250m離れた所であれば復活できる拠点
      • 30m以内に敵がいると復活は無効化される
    • FOB
      • 攻撃側のみ建設可能
      • 敵の拠点やFOBから400m離れている必要がある
      • 50m以内に2名の敵が居ると無効化される
      • TNTなどで破壊可能
    • CONSTRUCTION TRUCK
      • 兵站部隊のみ利用可能
      • FOBの建設に必要
  • 装甲車両を上手く利用しよう(略)
  • 司令官になろう
    • 司令官はMAPを右クリックし、航空攻撃や砲撃、補給支援を要請可能
    • 利用するにはFOBやメインベース、ラジオ車両の近くに居る必要がある
    • Gキーで分隊長との会話が可能
  • 操作方法
    • 歩兵 
      • [C]:バイポッド展開
      • [Y]:コンパスを開く
      • [M]:マップを開く
      • [T]:分隊長メニューを開く
      • [X]+[スクロール]:レンジを変更
      • [F]:インタラクションメニュー
      • [1-8]:武器や装備の変更
      • [B]:分隊内ボイスチャット
      • [G]:司令官ボイスチャット
      • [V]:近距離ボイスチャット
    • 車両/AT
      • [CTRL+スクロール]:タレットの速度を変更
      • [Q]:ズーム切り替え
      • [CTRL+マウス]:照準移動
      • [スクロール]:ハッチや照準操作
      • [F]:車両に乗る・降りる
      • [E]:エンジンのON・OFF
      • [F1-F8]:座席の移動
      • [1-3]:弾種の変更
      • [RMB]:MGの射撃

原文は以下のページで確認できる。Post Scriptumは2018年春の発売が予定されていたが、現時点では「近日公開予定」で、提供価格は3090円としている。