Rainbow Six Siege: Operation Velvet Shellのトレーラー・パッチノートが公開

この記事をシェアする

3日間に渡って開かれたRainbow Six Siegeの1年目の最後の大会「Six invitational」で2年目と最初のシーズンであるOperation Velvet Shellに関する情報が出ましたが、さきほど公式サイトも更新され、Operation Velvet Shellの新しいトレーラーとパッチノートが公開されました。

Operation Velvet Shell アップデート内容

  • 新しいG.E.Oオペレーター「Jackal」「Mira」を追加
    • Jackalはスピード2・アーマー2の攻撃オペレーターで、足跡を追跡してドローンの様にオペレーターの位置を表示できるガジェット「Eyenox Model III」を持っている
    • Miraはスピード2・アーマー2の防衛オペレーターで、壁に一方からしか見えないガラスを設置する「Black Mirror」を持つ。下部にあるガス缶を撃つ事でガラスが取れる仕組みになっている
  • スペインのイビザ島を舞台にしたMAP「Coastline」を追加
  • スペインの海外の色彩にインスパイアされた武器スキン「Chupinazo」「El Dorado」「León Furioso」「Crossfader」を追加
  • Rookの新しいエリートスキン「Gendarmerie」を追加
  • 全てのコンテンツに1画面でアクセス出来る様にメニュー画面を刷新
    • プレイボタンは最後にプレイしたモードに合わせて自動参加する
    • チャレンジの表示が分かりやすくなる
    • ニュースは全画面に表示するようになる
    • ランク表示が降順だったのが昇順に変わる(シルバー4~1→ゴールド4~1という感じで)
  • いくつかの改善
    • サイトを覗いた時の一人称カメラの位置を変更
    • Capitaoはグレネードからクレイモアに切り替え
    • IQはスタングレネードからグレネードに切り替え
  • ゲーム全般、MAP、各オペレーターへの修正(詳細は公式サイトで)

JackalとMira

追加される4つの武器スキン

ルークのエリートスキン

新しくなるメニュー画面

サイトを覗いた時のカメラの位置

新しくなったランクアイコンと順番(右の方が高い)

以上の追加や改善を含むRainbow Six Siege: Operation Velvet Shellは日本時間で2月8日午前2時に無料で配信される予定です。なお、午前1時~午前1時59分までメンテナンスが予定されています(Twitter)。

(おまけ)

PCGamerによると、UBIはゲームモードの追加よりもオペレーターを追加する事に重きを置いている様で、最低でも50人のオペレーターを追加するというインタビュー記事があったので紹介しておきます。

スポンサーリンク