スポンサーリンク

OBS Studio 23.0 RC1が公開 配信情報を変更できる外部連携機能が追加

News

 Open Broadcaster Software Project(OBS Project)は2019年2月10日、配信/録画ツールの「OBS Studio 23.0」のリリース候補バージョン 1(RC 1)を公開した。

 OBS Studio 23.0では外部連携機能の追加や、NVENCを用いたエンコードの改善を行っている。外部連携機能は、配信サイトのアカウントとOBSを連携させることで、配信情報を変更したり、チャットをOBSの画面から送信できる。

  • OBS内から配信サービスアカウントに直接接続する機能を追加。アカウントを接続すれば、ストリームキーを入力しなくても、チャット画面や配信画面にアクセス可能
  • Twitch 連携機能では、視聴者と会話できるチャット画面(BTTV / FFZ対応)、配信タイトルを変更できる配信情報画面、視聴者数を確認できる配信統計画面を追加
  • Mixer 連携機能ではMixer チャット画面を追加
  • YouTube、Facebook、その他のサービスは連携機能を開発中
  • 連携機能は現時点でWindowsでのみ利用可能で、LinuxとMacは、今後追加予定

リリースページより一部抜粋

 リリース候補版はGitHubで公開されている。実際に外部連携機能を試してみた。

 リリース候補版なので不具合やバグがあるかもしれません。不具合やバグを見つけた際はフィードバックを送りましょう。

OBSの外部連携機能を試す

 外部連携機能にアクセスするには配信設定を開く。配信設定画面で「Twitch」を選択すると「Connect Account(Optional)」が表示される。

obs-23-rc1-integrations

 Twitchのアカウントを入力すると、以下のような画面になるので「許可」を選択する。

obs-23-rc1-twitch-login2

 すると、OBS Studioに「Stream Information」と「Chat」のパネルが表示された。配信をする際は、この画面から配信情報を編集して、配信できる。視聴者のコメントもこのパネルで確認できるのでブラウザで配信画面を開く必要がなくなった。

obs-23-rc1-twitch-window

 さらにこのパネルをドラッグアンドドロップで配信プレビュー画面の左右に配置できる。

obs-23-rc1-twitch-window2

 また、「表示」設定にある「ドック」から「Twitch Stats」を選択することで、配信視聴者数などを表示させることもできる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました