Microsoftの配信サイト「Beam」が「Mixer」に名称変更、Co-Streaming機能を公開

スポンサーリンク

この記事をシェアする

Microsoftが買収した、FTLによる高速配信やインタラクションボタンなどを実現しているライブストリーミングサイトの「Beam」ですが、本日、サービス名とドメインが「Beam(beam.pro)」から「Mixer(mixer.com)」へと置き換わりました。

今回のアップデートでは、複数のチャンネルのストリーミングを1ページで表示することができるCo-Streaming機能が公開され、誰でも利用できる様になっています。

mixer-co-streaming

Co-Streamingでの配信例

Co-Streamingは、最大4つの配信を1つの配信ページに表示することが出来る様になるもので、League of LegendsやPLAYERUNKNOWN’S BattlegroundsといったゲームでのCoop配信や、リモートによるライブセッションなど、少ない遅延を実現しているMixerだからこそ出来る機能として紹介されています。

ゲームのライブ配信サイトとして有名な「Twitch」や「YouTube Gaming」は、どちらのサイトにも遅延があり、配信者と視聴者のリア...

情報元:公式ブログPolygon