Steamで利用出来るデジタルギフトカードが登場

この記事をシェアする

PCゲームやPC用のソフトウェアはもちろん、動画なども販売を始めたSteamですが、Steam内で利用できるデジタルギフトカードが本日登場し、誰でも利用可能となっています。

購入は500円、1000円、2500円、5000円、15000円、20000円から選択する仕組みとなっていて、選択後は、誰に贈るか決めてメッセージカードを入力、購入方法を選択するという形となっています。この際、Steamウォレットで購入する事は出来ないので注意が必要です。

Steamでゲームをギフトとして送る場合、ウィッシュリストなどを確認して、その人が欲しがっていそうなゲームを贈るというのが一般的でしたが、相手の欲しいゲームが分からなくとも、このギフトカードがあるので、気軽に送る事ができそうです。また、課金アイテムなどののためにお金を渡すという事も可能なので、「課金アイテムを買って欲しいので贈るぞ~」みたいな事も出来そうですね。

フレンドが違う国に住んでいたとしても、相手の国の通貨に変換されるという事で、わざわざお金の計算などをしなくて済むというのもメリットかもしれません。デジタルギフトカードに関するよくある質問集も登場しているので、気になる方はこちらも確認してみてください。

記事執筆時点では、Steamの送信したギフトが見られる一覧ページにはデジタルギフトカードが送信された旨は表示されていませんが、今後はここからも確認が出来ると思われます。

(閲覧にはSteamアカウントログインが必要)

情報元 Twitter,Steamコミュニティ

スポンサーリンク