Steamハロウィンセールページでセール中のゲームから自分がおすすめするゲームをまとめた

スポンサーリンク

この記事をシェアする

Steamでは現在ハロウィンセールが行われています。今回はそのセールでオススメするゲームをまとめてみました。12作品ですね。調べるに当たっては、Steamハロウィンセールページで出てきた1800のゲーム・DLCをユーザレビュー順にソートして全ページ確認しました。なので、掲載順はユーザレビュースコアが高い順になっています。ほとんどメジャーゲーになってしまったので、ゲーム所持数3桁以上Steamerには向かない記事になっていますし、私がプレイした中で面白かった作品を取り上げたため、偏りがあるかもしれませんがご了承を。

ハロウィンセール対象でおすすめなゲーム12作品

オーク達を罠でぶっ殺しコンボを楽しむ「Orcs Must Die!」

ディフェンスゲームの名作。自分の好きな罠の組み合わせを探しながら、色々試したりしていかに敵を倒した際のコンボ数を出せるか楽しむゲーム。

2人プレイに対応した続編「Orcs Must Die!2」

という事でシリーズでオススメしたOMDシリーズ。続編では最大2人のCoopプレイが楽しめるので、誰かと一緒にやりたいならこちらを買うのがオススメ。日本語有。

使うのは8つの魔法だけ!バグも笑える「Magicka」

魔法が使える中世っぽい世界が舞台のMagickaは最大4人のCoopプレイや対戦機能もあり、8つの要素(水・命・盾・冷・雷・魔・地火)を組み合わせて魔法を作って楽しむゲーム。ゲーム内で発生するバグはどれも笑えてきた思い出があります。日本語化有。

軍事シミュレーションの名作「ArmA2: Operation Arrowhead」

ArmA2との違いが分かっていないけど、とりあえずこれを買っておけばArmAの軍事シミュレーションを楽しめる。戦地への移動から敵の索敵、撃破まで一連の軍事作戦をマルチプレイで楽しめる。いくつかのMODをプレイするにはArmA2無印とOAの購入が必要だったりする。日本語化有り。

終末世界(アポカリプス)が舞台の「Project Zomboid」

ゾンビによって世界が終わりを迎えてしまった中でサバイバルするProject Zomboidは見下ろし型のサバイバル作品。水や火の供給が終わるまでの期間などもあり、非常にリアル。難度も高いため、生き残るというよりどう生きてどう死ぬかまでを楽しむゲーム。マルチプレイにも対応しているため、協力しながら生き残りを目指す事も出来る(すぐ死ぬ)。日本語化有。

隊をゴールまで導くゲーム「Anomaly:Warzone Earth」

逆タワーディフェンスともいわれるAnomalyシリーズ。エイリアンが設置した砲台の中を軍隊や航空支援などを利用して撃破、コアに向かって突き進むという内容になっている。スマートフォンゲームとしても有名な作品。有志による日本語マニュアル有。

核の緊張を描いたストラテジー「DEFCON」

アメリカ国防総省にある、戦争への準備状態を5段階に分けた規定「デフコン」をゲームで再現した感じ。ゲーム内でも時間ごとにその段階が動き続け、最後は核を発射する事が出来る様になるので、核戦争までの緊張を描いたストラテジーゲームになっている。日本語化有り。

患者を助ける難しさが描かれた(?)「Surgeon Simulator」

普通のゲームであれば「Eキーで復活」で終わる内容。しかしこのゲームでは忠実に体の中身まで再現されており(本当か?)、様々なロケーションにおける外科手術を楽しめる内容になっている。日本語化は無いが、英語でも問題なくプレイできます。

中世の騎士を楽しめるFPS「Chivalry: Medieval Warfare」

元々はHalf-Life2のMODとして開発されたものがスタンドアローンになったマルチプレイ専用ゲーム。近接戦闘でとにかく敵の頭を切り落としてやりたい、俺が一番強いんだあああと叫びながら戦いたい人にはおすすめなゲーム。たまに無料になるので人もそこそこ居る。日本語版があるが、Steam版でも楽しめる。

サバイバルの世界へようこそ!「How to Survive」

ゾンビが居るいくつかの島を舞台にサバイバル・サバイバルの方法を学ぶ(?)見下ろし型ゲーム。ゲーム内に登場するキャラクターは誰もが個性的。睡眠・喉の渇き・空腹というステータスに気をつけながらストーリーを進めていく感じ。Coop対応で日本語有。

恐竜ゲーが話題らしいけどこれも有名なんだよ「Orion Prelude」

ark survival evolvedってゲームの方が面白いだって?でしょうね。大人数で恐竜から生き残るフェーズ制のゲーム。正直な所、もうこれ以上書く事もなくてしいて言えば、実は何度かゲームタイトルが変更されている珍しいゲームの1つ。日本語は無いが、笑いながらプレイする事に間違いないので言語は問題ない。

RocketReagueが流行ったのにこっちが流行らなくて可哀想「Epigenesis」

車でサッカーする「RocketReague」はかなり有名になったのに、バスケットボール(またはアメフト)みたいなEpigenesisが流行らないのは残念。MAPは複雑で落ちてしまうと復活に時間がかかるので、いかに相手を落としてフリーな状態でボールをゴールさせて勝つか楽しむスポーツ的な作品。日本語は無いが、ルールが分かればすぐに楽しめるのは間違いない。

持ってないけど気になった作品

精神世界が描かれたゲームというより映像作品?「Trauma」

評価は微妙なものの、映像作品として見れば面白いと思われるインディーズゲームの「Trauma」は、交通事故を生き延びた女性の心奥底を夢で垣間見る内容。日本語に対応したplayism版もあるが、Steam版も云々すれば日本語になるようだ。

Google検索で「Steam おばあちゃん」と入れると出てくるゲーム「The Graveyard」

面白いのか面白く無いのかさっぱり分からない。クソすぎて面白いのか、内容が何もなくてただつまらないのか・・・。デモ版と製品版があるけど、「製品版では老婆が亡くなる可能性があります。」という説明文が面白すぎる。なんだそれ。日本語マニュアルあり。

おまけ:Steamのセールで話題になった2円のゲーム「Uncrowded」について

という事でUnityエンジンのアセットをそのまま流用して作ったゲームという事(情報元)で、海外からは批判の声がかなり上がっているっぽいですね。そもそもこれがアセット開発者によるPR行為なのか、はたまたこういった問題点がある事を示す開発者なのかは分かりませんが、トレーディングカードに対応しているので、それを利用して利益が出るよといっているユーザも居て、それはValveが手数料で儲かる事にもつながるので、結構闇な話なのかもしれません。(これを買うならUnturnedを買ったほうが楽しめそうです)

おわりに

という事でおまけがちょっとアレでしたが、おすすめなゲームを紹介させていただきました。最近のSteamセールは皆がゲームを持っている事が多いので「外れだ」と言っている人が多いですが、持ってない方から見れば当たりだらけだと思うので、是非購入してみてはいかがでしょうか。Steamハロウィンセールは11月3日午前2時まで開催中です。(全てのセール内容に目を通したい方はこちらで72ページ分見てください・・・)