SteamのGreenlightにあるゲームをオススメする時に使える公式widgetの使い方

スポンサーリンク

EarlyAccess作品をオススメしたい時に、公式サイトと合わせてGreenlightのページを紹介したい時に利用出来るWidgetです。iframeを利用します。

【追記】
ブログサイトをhttpsにしたため、iframeが非表示となっています(申し訳ないです)。コード的には以下のものを利用すればOKです。

使用例

BF2:PRの開発陣が送る最新作

Greenlight自体のシミュレーションゲーム

という感じで紹介出来る用にする方法です。

GreenlightでのIDを取得する

Greenlightに掲載されている作品ごとに個別IDが割り振られています。これは、個別URLの末尾にあるIDの後の数字になります。

右クリックで「ページのURLをコピーする」でもIDは確認出来ますが、Steamの設定→インターフェースの「Steam上にURLアドレスバーを表示する」をONにしておくと、ページの上にURLが表示されるようになります。

<iframe width="336" height="137" src="http://steamcommunity.com/sharedfiles/widget/*" frameborder="0" scrolling="no"></iframe>

どちらにせよ、末尾のid=以降に書かれている数値を「*」部分にコピペし、出来たのをサイトに貼り付ける事で紹介出来ます。

おまけ

Steamのストアページに実際に存在する製品を紹介したい場合は、ストアページにある「埋め込み」をクリック。

steam-greenlight-widget

表示されたのに従って編集すれば自分好みのWidgetが作成されると思います。