Steamレビューに紛れ込んでいたbotの存在が明らかに

この記事をシェアする

Steamのゲーム別統計を提供しているSteamSpyのTwitterに投稿した画像が海外で波紋を呼んでいます。英語で投稿されていた一部のレビューがありきたりな文章で、ユーザー名が乱数から生成されたようにみえるユーザー名になっているものが複数見つかったという報告でした。

実際に見てみるとほとんどプレイ時間が一緒で、レビュー内容もなんかありきたりに見えます。実際、投稿されていたゲームは特定された様で、ストアページから購入も出来なくなっています。

問題となったゲーム(現在は閲覧のみで購入不可に)

ZombieRush http://store.steampowered.com/app/467460/

Electric Zombies http://store.steampowered.com/app/475060/

日本ではクラウドワークスによるステマレビューが問題になりましたが(当ブログでも取り上げました)、海外でもレビューにまつわる問題が深刻になっていて、Valveは対応に追われている様です。

もちろんValve側もこういった問題に対する対策をおこなっていて、最近では、無料で受け取ったゲームに対するレビューかどうかを見られる様にする機能を付けました。

steam-review-checkbox

とはいっても、ユーザーによる任意の報告で成り立っているに近い機能なので、対策が不十分という事を言われても仕方ないかもしれません。詳しいことは以下のリンクが参考になると思います。

海外記事

Reddit

スポンサーリンク