「Squad」に登場する兵士の新しいアニメーションやUH-60のアートワークが公開

この記事をシェアする

50人vs50人でのFPSが楽しめるSquadですが、先月の開発ブログの更新で、来るVersion 10のアップデートで予定されている更新内容の進捗状況が公開されました。

現在は兵士のアニメーションをはじめ、リロードモーションや回復動作など、今までシンプルだった部分に重きを置いて開発を進めているようで、2個目の動画では、包帯を兵士が巻いているシーンが登場するなど、かなり手の込んだ開発が進められています。

また、今まで武器についていたバイポッドは見かけ上のもので、実際には扱えませんでしたが、コミュニティによる強い要望もあり、上のアニメーションの改良と合わせて実装が進められています。

そして、気になるアートが公開されました。米軍のUH-60M、ブラックホークです。

uh-60m-blackhawk

公式サイトによると、パイロット含めて乗員15名とのことで、これから開発が進められていくとのことです。また、対ヘリコプターの兵器としてかは不明ですが、ZU-23のアートワークも公開されており、今後の開発が一層気になるところです。

zu-23-anti-aircraft-gun

スポンサーリンク