5月17日から7月7日までにパラドゲーを日本円で買っていたら補償でゲームが貰えるかも

スポンサーリンク

この記事をシェアする

paradox-interactive

Hearts of Iron IV」や「Stellaris」で知られるParadox interactiveですが、サマーセール前から米ドル以外での販売価格を釣り上げていた事が問題となりました。

Paradox Interactiveが自社タイトルの多くをSteamにて告知なく値上げし、ユーザーから反発を受けている。こうした値上げは約1か月前の5月なかばから順次おこなわれていることが、ParadoxのフォーラムParadox Plazaにて報告されている。

最終的には、Paradox側は補償として、2017年5月17日から7月7日までにSteamやGOGなどでParadoxゲームを購入したユーザーに対して、「Paradoxのタイトル1つ」か「ParadoxタイトルのDLC2つ」の提供を行なう声明を発表しています。(この問題を受けて現在は適正価格に値下げされています。)

対象ユーザーは以下の通りで、購入していれば、日本ユーザーはほとんどが含まれるのではないでしょうか…。

  • 米ドル以外でのParadoxゲームの購入
    • 5月17日以前の「Steel Division:Normandy 44」の予約購入を含む

また、補償として受取り可能なタイトルは、以下から1つで、

  • Stellaris
  • Hearts of Iron IV
  • Crusader Kings 2
  • Europa Universalis IV
  • Magicka 2
  • Tyranny

本体ではなくDLC2つを選択する場合は、以下から2つを選択する事になります。

  • HoI IV: Death or Dishonor
  • EU IV: Third Rome
  • CK II: Monks and Mystics
  • Stellaris: Utopia
  • Tyranny: Tales from the Tiers

対象者であっても、公式のサポートフォーラムから8月10日までに申し込みをしなければ、補償は受け取る事が出来ないとの事なので、お早めに。フレンドで該当してそうな人が居たら、伝えてあげてください。

申し込み方法(おまけ)

公式のサポートフォーラムはこちらです。

リクエストのカテゴリは「Price Reversal Request」を選択します。

メールアドレスと件名、説明を入れていきます。説明にはいつ何を購入したのか、自分が何を欲しいのか、Thank you.とか書いておけば良いと思います。購入元のプラットフォームは購入元を選択し、SteamID64は、Steamの固有IDを入力するという形になります。

たとえば自分は「maruhoi1」という名前でやっているので便利なサイトを使って検索してみると「76561198016232790」と出てきました。というわけでこれを入力します。

Order / Transaction IDはSteamの購入履歴から、購入したパラドゲータイトルをクリックするとIDが出てくるので、それを入力します。

Currency UsedはJPYを選択し、欲しいタイトルか、2つのDLCを選択します。

最後に、取引の領収書を示す画像ファイルかpdfファイルを添付し、添付したことを確認するチェックボックスにチェックを入れ、提出すれば完了です。入力したメールアドレスに受け取った旨のメールが帰ってくるかと思います。


Cities:Skylinesとか買った人は、もう1つパラドゲーが手に入ると、時間泥棒×時間泥棒って感じで大変な事になりそうですけど、今回の補償は凄い判断だと思います。ユーザーにはお得でしかないですね…。

(Paypalで購入したのでPaypalの購入メールを送ったんだけど、画像内全部日本語なのに今気づいた。日本語で問題なかったか気になります。)