スポンサーリンク

TBSの報道番組「あさチャン!」、Euro Truck Simulator 2の動画を本物と勘違いして紹介

euro-truck-simulator-2 News

 TBS系列で放送されている朝の報道番組「あさチャン!」の2019年10月16日放送回で、見事なドライビングテクニックとして紹介された中国発の動画が、ヨーロッパを舞台にしたトラックシミュレータ「Euro Truck Simulator 2」のプレイ動画ではないかと話題になっている。

 番組では、海外のさまざまな動画を紹介する中で、問題の動画を中国発の動画(Weiboからの話題)として紹介した。ナレーションの内容は以下の通り。

一方、中国からは。迷惑ドライバーなのに、なぜか世界が称賛した動画。駐車場からバックで道路に出ようとしているのは乗用車10数台を載せた長~い大型車両。周りの車のことなどお構いなしで、脱出困難と思われた駐車場出口からスルスルスルと道路へ。このドライビングテクニックにネットでは「史上最強のバック運転」「望遠鏡でも見てバックしているのでは」と称賛の声が飛び交った。

euro-truck-simulator2-2

 右下に映っている人の動きが不自然、光の加減が不自然など、現実の映像として考えると不自然な点があるようにみえるが、確かに現実の映像に見えなくもない。しかし、動画紹介が終わる直前、上のテロップが消えると、隠れていた緑色のアイコンが確認できる。これはEuro Truck Simulator 2でパーキング位置を示すマークに酷似していて、Euro Truck Simulator 2の映像とみて間違いないといえるだろう。

euro-truck-simulator-2-3

024

Euro Truck Simulator 2のスクリーンショット(出典:4Gamer

開発元「日本のテレビ番組で紹介されたことに驚き」

 Twitterを発端に広まったこの話題について、Euro Truck Simulator 2を開発するSCS Softwareも反応。「ETS2が日本の朝のテレビ番組『あさチャン!』で取り上げられたことに驚きました。実写の映像と間違えられていますが、長いトレーラーをバックさせたドライバーの才能とスキルには関心しています」とコメントしている。

 ちなみに、あさチャンでは米国の特殊作戦を取り扱ったニュース映像の中で、参考映像としてPCゲームの「Arma 3」の映像を利用したことがある(参考ツイート)。制作関係者にPCゲームをよく知っている人がいるのかもしれない。

情報元 Twitter

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました