ボイスチャットツールのDiscord、ビデオ通話と画面共有機能をユーザーの一部に提供開始

スポンサーリンク

この記事をシェアする

昨年末、画面共有機能の実装がアナウンスされたコミュニケーションツールのDiscordですが、先ほど公式サイトが更新され、ビデオ通話と画面共有機能がローリングアウト(段階的・限定的な公開・運用)されていく事が明らかになりました。

現状の機能としては、友人またはグループDMでの通話でビデオ・画面共有が出来るようになっており、グループDMで利用する場合は10人が同時に利用出来るようになっているとのことです(5人以上では品質が下がるかもしれません)。

また、今回の機能提供は、現在までにデスクトップアプリで登録されているユーザーの5%を対象にしているとのことで、その理由として「映像データによるトラフィック増加の監視をしたい」「バグ・クラッシュなどのフィードバックを受け取るため」としています。

全ユーザーに向けての機能公開は少なくとも1ヶ月かそれ以上になるかもしれないとのことですが、今まで音沙汰が無かっただけに、待望の情報といえるでしょう。

筆者環境には来ていませんでしたが、来ている場合には通話ボタンの左側のカメラボタンから利用出来るようになっているはずです! 

ビデオ通話の発信方法(イメージはテスト段階のもので、今後変わるかもしれません)

ラッキーだった方は是非試してみてはいかがでしょうか。感想お待ちしております。