【Arma 3】用意した音楽や効果音を周りの人に聞かせる方法

この記事をシェアする

Arma 3ではマルチプレイ中に音楽や効果音を周りの人に聞かせる機能(カスタムサウンド)をサポートしています。これは誰でも利用出来るものではあるものの、あまり知られていない様な気がします。という訳で紹介します。

スポンサーリンク

「sound」フォルダを作成する

はじめに音声ファイルを配置するフォルダを作成します。PCのユーザー名からドキュメント、Arma 3、と辿っていって、Soundフォルダが無ければ新規に作成します。最終的に以下の様なフォルダ階層になっていればOKです。

"C:Users \ [PC_USER_NAME] \ Documents \ Arma 3 \ sound"

ゲーム内で流したい音楽・効果音を用意する

さて、様々な場面で流したい音楽や効果音があると思うので、まずはファイルを用意しますが、ゲーム側は以下のファイルのみ認識します。

  • ogg(vorbis)形式
  • 最大50KBの容量

mp3形式は読み込まないので、各自でmp3からoggに変換した上で50KBという制限を守っていく形になります。フリーソフトのAudacityなどで変換作業をする必要があります。

ちなみに、Adobe Premiere Proを持っている人はプラグインを導入するとmp3からoggへの変換が可能です。筆者環境では44.1kHzでステレオ、Bitrateを70kb/sに設定した5秒間のファイルで大体48KBでした。

変換作業を追えたら、.oggファイルを先ほど作成したsoundフォルダに移動させた上でゲーム本体を起動して確かめてみましょう。

再生方法

数字キーの0を押してReply コマンドを表示し、Customを選択します。そこに表示されているファイル名を選ぶことで再生が開始されます。ちなみに追加したのはこの音楽です。

この機能で流れる音は現在のチャンネル向けに流れるため、Side Channelに設定していたりすると全員の耳から音声が流れてきて大変アレです。出来るだけDirect Channelで再生する様にしましょう(流しすぎても迷惑なので良いタイミングで使うようにしてください。)

おまけ

CCGでCoop遊ぶ方募集してます~。

Canned-Catfood Gaming(CCG)が提供するArmA3のCoopサーバーへの参加方法についてまとめた日本語ガイドです. CCGはProject RealityやWargameを中心としたユーザー�
スポンサーリンク