PlaysTVで録画した映像と音がずれているのを修正する方法

スポンサーリンク

この記事をシェアする

ゲームの録画・公開ができるサービスのPlaysTVですが、自分の環境だと長時間録画した動画が音ズレを起こすという現象が増えてきました。しかも、長時間といっても1時間半の動画ですら音ズレを起こし始めていて、なかなか辛いところがあります。

ちなみに、音ズレした動画はこんな感じです。

という事でこれを修正して出来るだけ同期された動画と音をシェアしたい訳ですが、公式ヘルプで紹介されていた改善策と手動による方法の2つがあるので紹介しておきたいと思います。

公式ヘルプ版

公式サイトのヘルプで紹介されていた方法です。結構共通的な問題として認識されており、改善はされてはいるものの未だに発生する問題の1つとして紹介されています。英語が読める人は原文を読んだ方がいいです

  1. 無料動画変換ソフトの「HandBrake」を導入する
  2. 導入したHandBrakeを起動する
  3. 左上の「Open Source」→「File」で音ズレが発生している動画ファイルを選択する
  4. 真ん中にある「Destination」で変換したファイルの保存先を指定する。この時、PlaysTVが検知する録画フォルダを指定する。
  5. Pictureタブで録画形式に合わせて720pや1080pを変更し、「Anamorphic」をNoneにする(画像
  6. VideoタブでCodecを「H.264」に、フレームレートとQualityを保存形式のビットレートに変更する(画像
  7. AudioタブでMixdownがStereoになっているか確認する
  8. ChaptersタブでCreate chapter markersのチェックを外す
  9. Start Encodeをクリックして終了を待つ
  10. PlaysTVを再起動してエンコードが終わった動画をアップロードする

実際にこの方法で試したんですが、やっぱり自動という事もあって精度としては微妙なところでした。次に紹介するのは手動で治す方法です。

手動で治す

AviUtlを利用して治す方法です。完璧に治せますが、時間と手間がちょっとかかります。こればかりはしょうがないですかね。

  1. AviUtlで音ズレが発生しているファイルを読み込みます
  2. 音声側の「動画ファイルとの連携」のチェックを外します
  3. 動画と音のグループを解除します
  4. 動画を再生しながら、動画または音を切り取ってずれの発生しない感じに調整します
  5. 調整が終わったらPlaysTVが検知するフォルダを指定して出力(保存)します
  6. PlaysTVを再起動してPlaysTVにアップロードします

この方法の場合には、確認しながらやった事もあってほとんど音ズレが発生していない状態で動画を共有する事が出来ました。

おわりに

便利ではあるんですけど、動画と音がずれているのって面倒ですよね…。現在はゲーム起動時からゲーム終了時まで1つのファイルで自動保存しているので、手動保存に切り替えて1ゲームごとにファイルを変えていった方が良いのかもしれません。

スポンサーリンク

この記事をシェアする