Discordが「Rich Presence」機能を公開 対応ゲームはDiscordを通じて参加が可能に

この記事をシェアする

discord

ゲーマー向けコミュニケーションツールのDiscordが、Rich Presence機能を正式公開しました。

プレーヤーはこの機能に対応しているゲームをプレイすると、Discord上のプロフィールにゲームの情報が表示される様になります。また、Discordを通じてグループやパーティの作成、ゲームへの招待送信、観戦招待などがおこなえるようになります。

Call of Duty WW2の例

公開されたばかりの機能ですが、既に有名タイトルがこの機能への対応を言及していて、公式ページには有名タイトルのアイコンが表示されています。PCGAMERによると、「Call of Duty: WWII 」や「Payday 2」、「Killing Floor 2」といったタイトルが対応予定とのこと。

Activision, Larian, Overkill, Tripwire, and others have signed up to take part.

現在、Steamのフレンド機能を通じてゲームに参加するというのが一般的ですが、これからはDiscordを通じてゲームに参加したり、フレンドのパーティーに参加するのが当たり前になってくるかもしれません。

Rich Presenceは現在、ゲーム開発者向けにC、C++、Unity、Unrealで利用できるSDKを公開しています。

公式ドキュメント(英語)

また、以下の記事によると、自作ゲームのタイトルを自動でDiscord上に表示したい場合は、これで実装出来るとのことでした。

DiscordのRich PresenceをUnityで使ってみた(Qiita)

スポンサーリンク