銃社会で未来の犯罪を阻止する2人を描く「Person of Interest」見てください

スポンサーリンク

この記事をシェアする

えー、ゲームブログでこれを書くのは読者の皆さんには申し訳ないのですが、Amazonプライムで見たシーズン1からシーズン3までが想像以上に面白かったので、movieというカテゴリを増やした上で紹介する事にしました。

テクノロジーやサイエンス・フィクションジャンルが大好きという方、必見だと思います。

あなたは、見られている。犯罪予知システムは、すべての人間を監視している ― 最強の元CIA工作員と天才技術者が未来に起こる凶悪犯罪を制裁する犯罪予知アクション。今、前人未到のミッションが始まる!

シーズン1より

1話から面白いか?といえばそうでもない(初めて見た時はちょっと飛ばした)のですが、その後から始まる物語が本当に面白いです。

シリーズを通して、監視カメラやその他諸々の人々の情報が監視(筒抜け)されているアメリカ・ニューヨークを中心に物語が進んでいきますが、監視カメラは普通にハックするし、エレベーターは普通にハックして止めます。また、元CIAのリースや天才ハッカーのフィンチは影の存在です。表に出てくる時は凄い形で出てくることがあります。物語の中盤になってくると凄いです。(見てください)

語りたい事が山ほどあるのですが、大作ドラマ「24」と近いレベルに面白いです。個人情報の扱い・監視社会という点は、現代社会の問題としても非常に気になる部分であり、作品内では、ある出来事を理由に監視社会になった理由が語られています。これはアメリカだけではなく、情報社会となっている日本を含め、先進国の方々に受ける部分だなあと感じました。また、シーズン3はここに絡めて物語が進んでいきます。(見てください)

Amazonプライムでは字幕版・吹替版どちらも見放題ですが、吹き替えよりは字幕版をお勧めします。英語も聞きとりやすい部分が多く、フィンチの独特な喋り方は、字幕版でしか体験出来ません。雰囲気重視なシーンもあるので、そういう事はしてほしくない作品です。

そして、YouTubeには2人を務めた俳優さんのインタビューが上がってます。ドラマの雰囲気を見る前から知っておきたいという人はこれを見て見るか見ないか決めても良さそうです。っていうかジム・カヴィーゼルがむっちゃイケメンです。格好良いです。

ということで、未来の犯罪を阻止する2人を描く「Person of Interest」の紹介でした。ちなみに、Googleでタイトルを調べると色々情報が上がってきますが、ネタバレを含みますので、もうさくっと作品を見てください(とくにWikipediaのネタバレ酷い)。

パーソン・オブ・インタレスト(吹替版)

パーソン・オブ・インタレスト(字幕版)

スポンサーリンク

この記事をシェアする