プロチームの勝敗をアイテムで賭けるサービスは違法?弁護士に聞いてみた

スポンサーリンク

この記事をシェアする

photo by SiuPang098

どーもまるほいです。先日、Twitterを見ていたらCS:GOの賭けに関する話で議論になっていたのですが、 結局その議論は平行線で終わってしまったみたいでした。議論になっていたのは「『CS:GO lounge』と『CS:GO wild』の利用は賭博行為(犯罪)に当たるか?」でした。

LoungeはCS:GOで獲得した価値のある武器スキンを賭けアイテムとして利用し、CS:GOの世界大会やプロチーム同士の試合で どちらが勝つかを予想するサービスで、日本でもかなりの人が利用しているみたいです。

Trade and bet on competitive games your Counter Strike: Global Offensive cosmetics items.

Wildは5ドル以上のアイテムを賭けた人同士とコイントスで勝敗を決める感じのサービスだそうです。最近始まったのかな?そのやり取りで知ったんですけど、こちらは個人同士の賭博になる様で、こちらも気になったので書いておきました。(素人目線でもアレって感じがする)

ちなみに日本における賭博行為(犯罪)ってなんぞって方はこちらを。

https://ja.wikipedia.org/wiki/賭博及び富くじに関する罪

相談したものがこちら。

海外にCというゲームがあります。このCというゲームは世界規模で遊ばれているゲームで、2つのチームに分かれてプレイするシューティングゲームです。プレイヤーは1試合をするとゲーム内アイテムをもらえる可能性...

弁護士からの回答がこちらになります。

違法だと考えます。今後、問題になってくるケースだと思われます。

みじかっ!テンプレート回答かな?と思いましたが、回答していただいた弁護士の方の判断では違法の様です。どちらかのサービスが~とは言及していないので、LoungeもWildも自己責任(前から言われているけど)でこっそりやった方が良さそうです。「俺儲けてるぜ」とかSNSで言ってると弁護士さんの言う通り、今後問題になってくるかもしれませんね。(でも今後~っていって放置される問題って基本的に誰も取り上げないからなぁ…)