スポンサーリンク

PCゲームを遊ぶ環境に買って良かった物、損した物

Game

photo by Nicholas Erwin

 この記事は、PCゲーム Advent Calendar 2018 の7日目の記事です。

 みなさんPCゲームを遊ばれていると思うのですが、PCゲームを遊ぶ環境を整えることで、PCゲームを遊んだ際の満足度を高めることができます(重要)。ちょうど、AmazonでCyber Mondayが始まったので、本記事では、筆者が現在も利用している「PCゲームを遊ぶ環境の質を高めるために買ってよかったな」という物と、「これは要らなかった」という物についてまとめました。

買ってよかったもの

ゲーミングチェア

 「出たよ、ゲーミング〇〇」と思った方には申し訳ないですが、間違いなく、ゲーミングチェアは買ってよかった物の一つです。PCで長時間ゲームをする際は、椅子にこだわったほうがよいです。2017年2月に購入したのですが「できるだけ早く買っておくべきだった」と今でも思っています。安物の椅子だと、肘置きが折れるかもしれません後日談

 それはさておき、なぜゲーミングチェアにすべきかというと、「リクライニングで寝られる」「見た目がまあまあ」「価格が安いほう」だからです。例えば、アーロンチェアは10万前後が平気で飛んでいきます。ここに最初から手を出すのは厳しいですが、3万ちょっとだと「まあ手を出してもいいかな…」となれます。椅子にこだわりを持つ入り口としての最適解ではないでしょうか。

フライトスティック

 フライトスティックは、飛行機やヘリコプターを操縦するのに便利なコントローラーです。これを使うことで直感的に飛行機や戦闘機の操縦ができるようになります。「Elite:Dangerous」や「DCS:World」などのゲームを遊ぶ人にとって、間違いなくゲームの満足度を高めます。

 航空機が出てくるゲームがあれば、「あーこれ、フライトスティックで一回遊んでみようかな?」と遊び方も増えてオススメです。私が買ったのは「Saitek Pro X-56 Rhino H.O.T.A.S.フライトコントローラー」。多くのスイッチがあり、自分に最適なキー設定を考えるだけでも楽しいです。

タンブラー

 PCゲームを遊んでいると、あっという間に時間が過ぎるわけですが、こんな経験ないでしょうか?

  • 夏場、キンキンに冷えたビールを準備してゲームを始めたが、飲み終えるころにはビールがぬるくなってしまって損した気分になりながらゲームを続けた
  • 冬場、温かいお茶を準備してゲームを始めたが、飲み終える頃には完全に冷たくなっていて、それを飲むことで体も冷えながらゲームを続けた

 1時間や2時間経てば、コップやグラスの飲み物はすぐにぬるくなったり、冷たくなったりしてしまうものです。これを解消するのが「タンブラー」です。Amazon’s Choiceの「サーモス 真空断熱タンブラー」を持っているのですが、PCゲームを遊ぶのに相性がよいです。ゲームを始める前にタンブラーへ熱いor冷えた飲み物を入れて、ちびちび飲みながらゲームを遊んでいても、数時間は熱いor冷えたままです。上記のような苦い経験をしなくて済むので本当にオススメです。値段もインディーゲーム1本ぐらいなので、「騙されたな~」と思いながら買ってみてください。

防寒グッズ(手足)

 冬場にPCゲームを遊んでいると、手足がかじかんできます。これを解決するのが手袋やロングカバーです。私はこれらを使っています。

 着けているのといないとでは全然変わってくるので、お試しあれ。

買って損したもの

背景照明(ゲーミングライト)

 Amazonでは現在取り扱っていませんが、こいつです。

Madcatz Cyborg AMBX Gaming Lights

  ゲームのプレイ画面に合わせて背景で色が変わってくれる代物だったんですが、存在感がだんだんウザさに変わって使わなくなりました。今だったらLEDのテープライトを買ってモニターの後ろに貼り付けるだけでもいいかもしれません。

さいごに

 というわけで、買ってよかったもの、損したものをまとめてみました。(今回は、「モニター」「キーボード」「マウス」「ヘッドフォン」は取り上げていませんが、もちろんこれらは吟味して買ったほうがいいですよ)

コメント